流行を理解する

書類とペン

企業や個人などが、ファイルを格納する場合、まずは個人のパソコンの中などに格納することになる。 しかし、パソコンのハードディスクの容量が逼迫した場合や、バックアップとしてファイルをコピーしておく場合には、他のディスクを準備することになる。以前ではこの他のディスクについては、DVDに焼いたり、外付けハードディスクにコピーするなどが一般的であった。 また、企業において社内でファイルを共有したい場合などにはファイルサーバを用意し、そこに格納し共有したりバックアップすることが通常となっていた。 しかし、最近ではこれらに加え、ファイルサーバのクラウドサービスを活用するケースが増えてきている。 様々な業者がサービスを提供しており、無料でファイルを保存できるものが増えている。

ファイルサーバのクラウドサービスを活用する方法は、簡単なものとなっている。サービスの提供しているサイト上から、ユーザー登録を行うなどで利用できるものが一般的となっている。 利用についても、別途アプリケーションをインストールする必要が無く、そのままローカルのハードディスクにアクセスするのと変わらない形で利用できるものが一般的となっている。 また、ファイルサーバの利用できる容量によっては無料で利用できるものもあり、利便性が高くなっている。 これらの、ファイルサーバのクラウドサービスでは、ディスクの冗長化などにより、データが消失しない対策が通常は取られている。そのため、クラウドサービスではデータ消失において安心して退避しておくことが出来る。